子供

無痛治療も可能な歯科が急増【痛くないから安心して受けられる治療】

歯を失った際の治療

医療器具

入れ歯に代わる治療

京都の歯科医院では、入れ歯に代わる治療としてインプラントが注目されています。このインプラントとは、虫歯や事故によって歯が失われた場合の治療方法のひとつです。歯がない部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。京都で人気のインプラントは、入れ歯と比較すると色々なメリットが有ります。そのひとつが、他の歯に負担がないことです。入れ歯は他の歯に針金で固定して装着するので、針金がかかった歯は大きな負担を負います。しかしインプラントの場合は、人工歯が顎の骨に固定されるので、周りの歯に負担がないです。また、入れ歯と比べて外れる恐れもないので、食事の際に天然の歯で噛むことができます。それと、顎の骨に刺激が伝わるので、歯が無くなった部分の顎の骨の萎縮を防げます。このように色々な利点があるので、京都で人気が有ります。

施術の際に認識すべきこと

京都で行われているインプラントは、歯の機能を取り戻す上でとても有効な治療です。しかし、多くの長所を持つインプラントですが、いくつかのデメリットもあります。そのひとつが、基本的に保険が適用されないので自費診療になることです。治療費は、歯科医院によって異なりますが、一本およそ30万円くらいです。なので、経済的な面では気軽に行える施術ではないといえます。その他にも、施術後は口の中を清潔に保たないとインプラントの寿命が短くなることです。そもそもインプラントはチタン製で丈夫なため、半永久的に機能します。しかし、それはきちんと歯磨きと定期的なメンテナンスを行うことが条件です。きちんとケアをしないと、インプラントの周りに歯垢が付着して歯周炎を起こします。なので、日々のケアをきちんとすることが大事です。